MENU

ブログ

BLOG ブログ BLOG ブログ
  • Home
  • ブログ
  • 【どっちがいいの?】Smart at AIの無料版と有料版の違いを徹底解説!
2024/05/15 Smart at AI for kintone Powered By GPT

【どっちがいいの?】Smart at AIの無料版と有料版の違いを徹底解説!

【どっちがいいの?】Smart at AIの無料版と有料版の違いを徹底解説!
  • facebook
  • x
  • line
  • はてなブックマーク

kintoneChatGPTの機能を実装できるSmart at AI for kintone Powered By GPT(以下、Smart at AI)
2023年10月のリリースから大変ご好評をいただいております。

そんな中、よく問い合わせをいただくのが無料版と有料版の違いについてです。
無料版でもOpenAIのAPIを自社で実装すれば、利用が可能なため、有料版との違いがよくわからないという声を聞きます。

そこで、本記事ではSmart at AIの無料版と有料版がどう違うかを徹底解説をします。

Smart at AIとは?

Smart at AIは、M-SOLUTIONS株式会社が提供するkintoneアプリとChatGPTを連携可能にするプラグインです。
このプラグインを利用すると、kintone内でChatGPTの機能を直接使用でき、文章作成や業務の効率化を図ることができます​​​​。
Smart at AIは無料版と有料版があり、それぞれに特徴があります。

 

 

Smart at AIの無料版でできること

無料版では次のことができます。

◆文章生成

Smart at AIは文章生成ができます。
Smart at AIのプラグイン設定画面に登録したプロンプトと、kintoneのフィールドに登録したデータを活用して文章生成ができます。
生成した文章は指定したフィールドに格納できます。

文章生成タイミングは、レコードを保存したタイミング、ボタンをクリックしたタイミング、REST API経由でデータが登録されたタイミングの3つです。
kintoneとChatGPTを行き来せずにkintone上でAIを利用できて、便利です。

◆OpenAI API、Anthropic(Claude3)が利用できる

Smart at AIの無料版では生成AIを使うためにOpenAI・AnthropicのAPIを利用します。
このAPIをプラグインに設定すれば、すぐに利用できます。
手軽にkintoneと生成AIを連携させることができます。

◆Web取得が利用できる

2024年3月末アップデート後、Web取得が可能になりました。
つまり、プロンプトにURLを含むことで、Webサイトの情報を取得し、生成を行うことができます。
この機能は無料版でも1つのURLから情報を取得することができます。

◆kintoneレコード一覧画面から一括生成ができる

2024年4月末アップデート後、レコード一覧画面から一括生成が可能になりました。

絞り込みしたアンケートの分析など、レコード一覧から一括で生成したい場合などにオススメです。
この機能は無料版でも20生成分利用できます。

Smart at AIの有料版でできること

無料版の機能に加えて有料版でできることは次の通りです。

機密フィルタ機能

有料版では機密フィルタ機能を搭載しています。
個人情報や機密情報をAPIコールする際には、ハッシュ値に置き換えてAPIコールします。

戻った値をハッシュ復元することでセキュリティを担保します。

ログ機能

有料版にはログ機能があります。
管理者側で誰がいつ、どのようなプロンプトを生成し出力・管理していているのか、機密情報は含まれているのかをチェックできます。

ユーザーの利用状況のチェックに役立ちます。

Web取得

2024年3月のアップデート後、URLを指定することによりWebサイトの情報を取得することが可能になりました。
このWeb取得機能は無料版では1つまで、有料版では3つまで利用することができます。

kintoneレコード一覧画面での連続生成

2024年4月のアップデート後、レコード一覧画面からの連続生成が可能となりました。
この機能は無料版では20連続生成、有料版では500連続生成が可能です。

API設定が不要

Smart at AIの無料版はOpenAIのAPIを設定しますが、有料版はサービス側で生成AI(Azure OpenAl Service)をプリセットしています。
そのため、API設定をせずに安心・手軽に利用ができます。

利用回数

利用回数の管理方法が違います。
無料版はOpenAIのAPIを使って利用します。
そのため、APIの回数管理はOpenAI側のサービスのトークン数での管理が必要です。

一方で有料版(Azure OpenAl Service)は利用回数制でサービスを提供しています。
利用回数に到達すると、自動的に利用制限がかかります。
トークン数ではなく利用回数でカウントしたいユーザーにとっては便利です。

◆為替計算

Smart at AIの無料版ではOpenAIのAPIキーの設定が必要です。
OpenAI APIキーの利用料はドル建てです。
そのため、日本企業の場合、為替の計算をする必要があります。

対して、Smart at AIの有料版(Azure OpenAl Service)は日本企業のM-SOLUTIONSがサービスとして提供しています。
日本円での提供のため、為替計算は不要です。

◆支払い方法

無料版で使うOpenAIのAPIはクレジットカード精算のみの対応です。
対して、有料版(Azure OpenAl Service)は請求書でお支払いいただくことが可能ですので、請求書ベースでやり取りを行いたい企業にとって最適です。

 

以上、Smart at AIの無料版と有料版の違いについて解説しました。
無料版では基本的な機能が使え、有料版ではさらに便利な機能・価値があります。
どちらもkintoneとChatGPTの連携がより便利にするので、興味がある方はぜひお申し込みください。

お問い合わせはこちら

あわせてよく読まれる記事はこちら
<【kintone×ChatGPT】無料版のSmart at AIを全kintoneユーザーが導入すべき理由>

【kintone×ChatGPT】無料版のSmart at AIを全kintoneユーザーが導入すべき理由

画像をクリックして、記事を読む

著者プロフィール

  • M-SOLUTIONSメディア編集部

    10年以上kintoneに携わっているkintoneのスペシャリストチーム。 kintoneだけでなく、サイボウズ関連製品や最新テクノロジーにも精通。 kintoneをより便利にする情報をお届けします。 kintone認定アソシエイト・アプリデザインスペシャリスト・カイゼンマネジメントエキスパート取得者所属。

Other recommended articles その他おすすめ記事 Other recommended articles