MENU

ブログ

BLOG ブログ BLOG ブログ
  • Home
  • ブログ
  • kintone×ChatGPT連携で営業活動を効率化する方法
2023/11/30 Smart at AI for kintone Powered By GPT

kintone×ChatGPT連携で営業活動を効率化する方法

kintone×ChatGPT連携で営業活動を効率化する方法
  • facebook
  • x
  • line
  • はてなブックマーク

営業活動の効率化は企業にとって重要な課題です。ただし、営業活動に必要な作業は多岐にわたります。作業量が多く、思った通りに活動できないことも多いです。どうしたら良いでしょうか?

 

そんな時にはkintoneとChatGPTを連携させることがオススメ。この2つを連携することで、セールストークの作成、お客様へのメール作成、お詫び文の作成、日報の作成、提案書の作成など、様々な業務を効率的に行うことが可能になります。

 

今回の記事では具体的な活用方法を解説いたします。

kintoneとは

kintoneは、サイボウズ株式会社が提供するクラウド型のビジネスアプリケーションプラットフォームです。ノンプログラミングで簡単にデータベースアプリを作成でき、業務の効率化や業績向上に寄与します。営業現場では、顧客情報や案件対応履歴、営業ノウハウ管理に利用できます。

 

ChatGPTとは

ChatGPTは、OpenAIによって開発された大規模な言語モデルです。人間のような会話を生成するために設計されたAIツールの1つで、さまざまな質問に答えたり、テキストベースのタスクを実行することができます。GPT(Generative Pre-trained Transformer)という技術に基づいており、大量のテキストデータを学習しています。

 

kintoneとChatGPTを連携する方法は?

kintoneのプラグインを利用すると連携できます。具体的にはSmart at AI for kintone Powered By GPT(以下、Smart at AI)を利用すれば、簡単に連携できます。

ChatGPTをこれから活用していきたいという方に向けて「ChatGPTの基本と使いこなすコツ」を無料で公開しております。
下記のボタンをクリックし、お気軽にダウンロードしてくださいね。

お役立ち資料はこちら

 

Smart at AIとは

Smart at AIは、M-SOLUTIONS株式会社が提供するkintoneアプリとChatGPTを連携可能にするプラグインです。このプラグインを利用すると、kintone内でChatGPTの機能を直接使用でき、ビジネスコミュニケーションや業務の効率化を図ることができます​​​​。

 

 

特徴

Smart at AIの特徴は次のとおりです。

 

 簡単な操作

ITに詳しくない方でも、手軽にAIを使えるようになります。Smart at AIでは設定画面に基本プロンプトを設定でき、またkintoneフィールドのデータをプロンプトに挿入できます。そのため、利用者は簡単なキーワード入力だけで、文章を生成できます。ITに詳しくない営業担当者でも、簡単にAIを使うことができるようになります。

 

安全性

APIを利用するため、ChatGPTが入力した情報を学習することはありません。さらにkintoneフィールドをプロンプトとして挿入する際に機密フィルタを設定可能。

 

機密フィルタに設定された値はハッシュ化され、情報漏洩防止のセキュリティを担保します。また、出力ログを取ることもできるので、管理者が監視することも可能です。

 

 

効率的な作業

それぞれのアプリにプロンプトを事前に設定するため、何度もプロンプトを入力する必要がありません。kintoneフィールドに生成に必要な情報を入力するだけで生成が可能です。また生成はkintone内で完結するため、ChatGPTとkintoneのツール間の移動が不要です。

営業活動はどう変わる?

 

セールストークを作成できる

Smart at AIを使ってkintoneとChatGPTを連携させることで、説得力のあるセールストークを生成します。kintoneに登録されている顧客情報や製品情報を活用し、ChatGPTにトークスクリプトを作成させることで、営業担当者はより効果的な営業活動を展開できます。


さらに、kintoneにトークスクリプトを登録しておくと、チームメンバーもそれを閲覧することが可能になります。これにより、営業チームのトーク力を向上させることができます。

 

セールストークの作成

 

 

 

メール文章の作成補助

kintoneとChatGPTを連携させることで、個々の顧客に合わせたメール文章を作成できます。またクレームなどのセンシティブなやりとりにもChatGPTを利用することで、お客様の気持ちに配慮したメール文の作成を行うことができます。

 

メール文章の作成

 

日報の作成を簡単に

営業担当者は1日の活動をまとめて、上長に報告する必要があります。その時に求められる形式に成形して提出することは少々手間がかかります。Smart at AIを使ってkintoneとChatGPTを連携させると、箇条書きで書いたメモを整えられた日報形式で報告が可能です。日報作成の手間が省けて、営業活動に集中できます。

 

 

提案書の骨子を作成

Smart at AIでkintoneとChatGPTを連携させると、提案書の作成も楽になります。具体的には、kintoneの顧客情報、製品の情報、競合製品の情報、市場の情報をkintoneに登録しておき、ChatGPTで提案書の骨子の作成をリクエストすれば、お客様に合わせた提案書の作成を支援します。

 

 

まとめ

kintoneとChatGPTの連携は、営業活動を大きく変える可能性を秘めています。文書作成の効率化により、より多くの時間を顧客とのコミュニケーションに充てることができるため、営業成果の向上が期待できます。

 

kintoneとChatGPTを連携させるSmart at AIは無料版を用意しています。気軽に試したい方は無料版をお申し込みください。

 

 

 

 

また大企業の皆様には、コスト効率とセキュリティの両方を重視した有料版をお勧めします。有料版はM-SOLUTIONSがAzure OpenAI Serviceを活用して提供しています。そのため、オリジナルのChatGPTを作るより安価にAIを利用できます。ぜひご検討ください。

 


お問い合わせはこちら

 

Other recommended articles その他おすすめ記事 Other recommended articles