MENU

ブログ

BLOG ブログ BLOG ブログ
  • Home
  • ブログ
  • 【kintoneとは】クラウド型アプリケーションで業務を効率化!
2023/12/05 Smart at AI for kintone Powered By GPT

【kintoneとは】クラウド型アプリケーションで業務を効率化!

【kintoneとは】クラウド型アプリケーションで業務を効率化!
  • facebook
  • x
  • line
  • はてなブックマーク

この記事はM-SOLUTIONS株式会社の提供するkintoneとChatGPT(AI)を連携するサービス「Smart at AI for kintone Powered by GPT」によって執筆され、M-SOLUTIONSが加筆・修正しました。

 

「業務効率化」、「データ共有」、「見える化」……

企業の業務改善には、様々なキーワードがあります。

しかし、それらを実現するために必要なのは、手軽かつ効率的なシステムの導入です。

そこで、今注目を集めているのが「kintone(キントーン)」です。

kintoneのクラウド型アプリケーションは、煩雑な業務を自動化し、生産性を向上させることができます。

本記事では、kintoneの機能や使い方、導入事例などを紹介し、kintoneを活用した業務改善のポイントを解説します。

kintoneとは?導入前に知っておきたい基本情報

kintoneは、サイボウズ株式会社が提供する業務改善プラットフォームです。

業務に必要なアプリを簡単に作成・管理でき、複数のアプリを連携させることも可能です。

また、プログラミングの知識がなくても簡単にカスタマイズができるため、導入もスムーズです。

 

kintoneを導入することで、業務の作業時間やコストを削減し、業務効率をアップさせることができます。

具体的には、日報やデータベースの管理、社内の情報共有や業務の進捗管理など、様々な業務に活用することができます。

 

kintoneは、Webブラウザから簡単にアクセスできるため、外出先でも業務を行うことができます。

また、モバイルアプリもあり、スマートフォンやタブレットからもアクセス可能で、リアルタイムでの情報共有が可能です。

kintoneは、企業や業種によって専用のアプリを作成できるため、さまざまな業務に対応しています。

導入前には、自社の業務に必要なアプリが作成できそうか確認することが必要です。

kintoneを導入することで業務改善が実現できる理由

kintoneを導入することで、業務改善が実現できます。
具体的には、以下のような理由が挙げられます。

  • 業務の効率化が可能
  • 情報共有がスムーズになる
  • 業務の進捗管理が容易になる
  • 顧客情報の管理がしやすくなる
  • 業務の品質が向上する

 

kintoneは、業務に必要なアプリを簡単に作成・管理できるため、業務の効率化が可能です。

また、アプリごとに権限を設定することができるため、情報共有がスムーズになります。

さらに、業務の進捗管理が容易になるため、業務の品質が向上します。

顧客情報の管理にも適しており、顧客情報の管理がしやすくなります。

kintoneの導入事例から学ぶ、業務効率化の具体的な方法

kintone活用事例

kintone公式webサイトより引用

 

kintoneを導入した企業の事例から、業務効率化の具体的な方法を学ぶことができます。

具体的には、以下のような方法が挙げられます。
詳しくは下記リンクのkintone公式webサイトにてご確認ください。

 

 

 

kintoneの使い方を徹底解説!初心者でもスムーズに導入できる

kintoneの使い方を徹底解説します。
kintoneはITが苦手な方でもスムーズに導入することができます。

 

まずは、kintoneにログインして、アプリを作成します。
アプリ作成の際には、アプリ名やフィールドの設定などが必要です。
アプリが作成されたら、レコードを登録することができます。

レコードの登録には、フォームからの入力やExcelファイルからのインポートが可能です。

 

また、kintoneはカスタマイズが可能です。
カスタマイズ機能を利用することで、自社の業務に合わせたアプリを作成することができます。

kintoneの便利な機能を紹介!業務効率アップに必須の機能とは?

 

kintoneの便利な機能を紹介!業務効率アップに必須の機能とは?

kintoneには、業務効率アップに必須の機能が多数搭載されています。
具体的には、以下のような機能が挙げられます。

kintoneの導入に必要な費用とは?導入前に知っておきたいこと

kintoneの導入に必要な費用とは?

kintoneの導入に必要な費用は、月額料金がかかります。

料金は、導入するアプリの数やユーザー数によって異なります。

また、カスタマイズや開発支援などのオプションサービスも提供されています。

 

kintoneの導入の詳しい費用は公式webサイトをご覧ください。
https://kintone.cybozu.co.jp/price/

 

導入前には、自社の業務に必要なアプリが作成できそうか確認することが必要です。

また、カスタマイズや開発支援を利用する場合には、費用や納期などを事前に確認することも重要です。

kintoneのセキュリティ対策を徹底解説!安全に活用するためのポイント

kintoneは、セキュリティ対策がしっかりとされているため、安全に活用することができます。
具体的には、以下のようなセキュリティ対策が行われています。

  • SSL通信の導入
    kintoneでは、SSL通信を導入しており、データのやり取りが暗号化されています。
    詳しくはこちらをご覧ください。
  • アクセス権限の設定
    kintoneを使うメンバーや利用範囲が増えてくると、利用者全員には見せられないデータや、削除されると困るデータも出てきます。
    kintoneではアプリ毎にアクセス権限を設定することも可能です。
  • 不正アクセスの監視
    kintone は不正アクセス・ログインを防止するために、2要素認証やIPアドレス制限機能を備えています。

kintoneを使った業務改善事例を紹介!他社の成功事例から学ぶ

kintoneを使った業務改善事例はkintone公式サイトに多数掲載されておりますので、ぜひご覧ください。
https://kintone-sol.cybozu.co.jp/cases/#pickup

他社の成功事例から学ぶことで、自社の業務改善に役立てることができます。

たとえば、営業部門での顧客管理をkintoneで行うことで、顧客情報の管理がしやすくなり、業務の効率化が図られました。
また、製品開発部門でのプロジェクト管理をkintoneで行うことで、プロジェクトの進捗管理が容易になり、品質の向上に繋がります。

kintoneの導入前にチェックしたいポイントとは?成功するための準備とは?

kintone導入のポイント

kintoneを導入する前に、以下のポイントをチェックすることが必要です。

  • 自社の業務に必要なアプリが作成できそうか確認する
    kintoneでやりたいことができるのか、イメージが湧かないという方もいらっしゃると思います。
    そんな時はkintoneのパートナー企業をご利用ください。
    kintoneパートナー企業とはサイボウズ公認の協力会社で、M-SOLUTIONSもオフィシャルパートナーでございます。
    「導入をサポートしてほしい!」「プロに開発を頼みたい」ならkintoneのオフィシャルパートナーに相談しましょう。

 

  • 導入にかかる費用や納期を確認する
    kintoneは1ユーザー毎に料金がかかります。
    全社導入するのか、部署毎に導入するのか、費用や効果を確認・検討しておきましょう。

 

  • カスタマイズや開発支援を利用する場合には、費用や納期などを確認する
    オフィシャルパートナーへの依頼や、「kintoneの機能が少しだけ足りない」という場合にプラグインの導入を検討するかもしれません。
    こちらも納期や費用を確認するようにしましょう。

 

  • 導入前に社内での意見交換や説明会を行う
    kintone導入後のお悩みでよくあるのが「社内定着が難しい」ということです。
    導入前に社内でどんなシステムを作りたいのか、kintoneでこのように変わるなどの説明会等を開催し、社内への認知を広めておくことをオススメします。

 

  • 導入後の運用方法やトレーニング方法を検討する
    先述通り、kintone導入直後は慣れない操作に戸惑う社内メンバーもいるかもしれません。
    kintoneには活用応援のために様々なコンテンツが用意されているだけなく、kintoneユーザーのコミュニティも盛んですので、覗いてみるのも良いかもしれません。

kintoneの拡張機能を活用して業務をさらに効率化しよう!おすすめの機能を紹介

kintoneには、拡張機能が多数搭載されています。
これらの拡張機能を活用することで、業務をさらに効率化することができます。
具体的には、以下のような拡張機能が挙げられます。

 

 

  • コメント機能
    kintoneで作成したアプリ内のレコード毎にコメントをすることも可能です。
    このコメント機能はkintoneユーザーを宛先に選択することもでき、返信も行えるので、コミュニケーションがスムーズに行えます。
    詳しくはこちらをご覧ください。

 

  • メール(通知)機能
    kintoneにはアプリに登録された情報を通知する標準機能があります。
    この通知はkintoneのトップ画面と、メールにて通知されます。
    しかし、kintoneの標準機能にメール送信機能はないため、kintoneからメールを送りたい場合はプラグインや連携サービスを利用する必要があります。
    M-SOLUTIONSでは「kintoneからメールを顧客(社内外)へ 送信する唯一の方法」というお役立ち資料を無料で配布していますので、ぜひご利用ください。

    kintoneからメールを顧客(社内外)へ 送信する唯一の方法

最後に

kintoneを導入することで、業務の効率化やデータの共有・見える化を実現することができます。
ぜひ、kintoneの機能や使い方を把握し、自社に合ったシステムを構築してみてください。
導入事例やカスタマイズの方法など、kintoneの活用方法はまだまだあります。
kintoneを使いこなし、業務改善につなげましょう!

 

この記事はM-SOLUTIONS株式会社の提供するkintoneとChatGPT(AI)を連携するサービス「Smart at AI for kintone Powered by GPT」によって執筆され、M-SOLUTIONSが加筆・修正しました。

Other recommended articles その他おすすめ記事 Other recommended articles