MENU

ブログ

BLOG ブログ BLOG ブログ
  • Home
  • ブログ
  • 【チャット連携】Slackとkintoneを連携する方法【3選】
2021/03/25 Smart at message for kintone

【チャット連携】Slackとkintoneを連携する方法【3選】

【チャット連携】Slackとkintoneを連携する方法【3選】
  • facebook
  • x
  • line
  • はてなブックマーク

この記事は、社内でkintone(キントーン)とSlack(スラック)を利用している方向けです。

「kintoneの通知はSlackで受信したい。」

このような要望がある方に向けて、Slackとkintoneの連携方法を紹介します。

どんな方法があるのか?

 

連携方法は主に3つです。

  1. 標準機能を利用する
  2. 連携サービスを利用する
  3. 個別に開発する

一つずつ紹介します。

①標準機能を利用する

 

kintoneのスタンダードコースであれば、Slackと連携できます。

ただし、機能は限定的で、
「プロセス管理でレコードの作業者になったユーザーにSlackのダイレクトメッセージで通知する」
という機能となっています。

 

設定方法は、kintoneのヘルプに記載されています。

▼Slackとkintoneを連携する
Slackとkintoneを連携する

②連携サービスを利用する

 

kintoneの通知をSlackに連携するサービスがあります。

「Smart at message」というサービスです。

こちらの連携サービスを利用すると、設定を行うだけで、kintoneの通知をSlackへ連携できます。

 

「Smart at message」は、主に3つの機能があります。

 

 

⑴通知条件を設定できる

 

kintone標準のSlack連携は、プロセス管理のステータスに変更があった時のみ通知されますが、「Smart at message」は、レコードの値によって条件通知できます。

 

 

⑵宛先を設定できる

 

kintone標準のSlack連携は、ダイレクトメッセージ宛にしか通知ができません。

「Smart at message」は、ダイレクトメッセージだけでなく、チャンネル宛にも通知ができます。

 

 

⑶通知文を作成できる

 

「Smart at message」は通知文面の変更ができます。

Slack上に指定した文面を通知することができます。

レコードの値も文章に組み込むこともできます。

 

③個別でカスタマイズを行う

 

標準機能でも、連携サービスでも要件が満たせない場合は、個別開発がオススメです。

 

しかし、個別開発をする場合は、専門の技術者が必要です。

社内の詳しい方に構築してもらうか、専門の構築企業に頼るのが良いでしょう。

 

以上が、Slackとkintone連携の方法【3選】でした。

Slackとkintoneを連携させて業務を楽にしたい方の参考になれば幸いです。

 

Smart at messageについては以下からお問合せください。

 

 

Other recommended articles その他おすすめ記事 Other recommended articles