MENU

ブログ

BLOG ブログ BLOG ブログ
  • Home
  • ブログ
  • 【kintone】すぐに申請業務を改善できる「申請パック」ができました【総務/情シス向け】
2020/10/09 Smart at tools for kintone 申請パック

【kintone】すぐに申請業務を改善できる「申請パック」ができました【総務/情シス向け】

【kintone】すぐに申請業務を改善できる「申請パック」ができました【総務/情シス向け】
  • facebook
  • x
  • line
  • はてなブックマーク

kintoneで申請業務の改善を検討している方向けです。特に経営者/総務部/情報システム担当の方必見です。

先日、M-SOLTUIONS(以下、M-SOL)は、申請業務を改善する新サービス「Smart at tools for kintone 申請パック(以下、申請パック)」をリリースしました。紙やExcelの申請業務から脱却でき、効率的なテレワークを実現するサービスです。詳しくご紹介します。

 

「Smart at tools for kintone 申請パック」の概要

 

「申請パック」は次のような特徴があります。

  • すぐに利用できるテンプレート
  • 独自申請機能を搭載(kintoneのプロセス管理を使いません)
  • 初期導入サポートオプション

 

1つずつ解説します。

 

すぐに利用できるテンプレート

 

「申請パック」はアプリをテンプレート化しているため、すぐに業務で利用できます。17個のアプリを用意しており、M-SOL社内で利用しているアプリをベースとしています。

交通費申請や稟議申請、休暇申請など、申請業務で定番のものから、テレワーク申請といったこの時勢に即したテンプレートアプリを用意しています。

 

 

独自申請機能を搭載(kintoneのプロセス管理を使いません)

 

kintoneには標準機能で、プロセス管理という機能があります。この機能は様々な業務プロセスを定義できるので、申請業務で使われます。

 

便利な機能ではあるのですが、プロセス管理機能は、申請業務の経路を設定するには、自由度が高く、設定に手間がかかってしまいます。kintoneを熟知している方は問題ありませんが、kintone初心者の方にとっては設定と運用が大変です。

 

そこで「申請パック」では、独自の申請機能を実装しました。kintoneのプロセス管理機能より、便利に経路設定ができます。またプロセス管理機能では、実現できない機能も備えています。具体的に紹介したいと思います。

 

経路の選択

 

「申請パック」では、あらかじめ、用意されている申請経路を選んで設定できます。プロセス管理のように0から申請経路を定義する必要がありません。また一度作成した経路を他のアプリ(申請)に適応させることができます。

 

 

 

取下げ機能

 

kintoneのプロセス管理機能は、作業者がプロセス管理のステータスを進めてしまうと、自らステータスを取り下げることができません。そのため、申請内容を修正したい場合、次の作業者に差し戻してもらう必要があります。差し戻しの依頼は手間です。

 

一方で「申請パック」の独自申請機能は、作業者が「取下げ」を行うことができます。申請内容を修正したいときは、作業者がボタンを押すだけで、取り下げできます。承認者の手を煩わせることはありません。

 

 

承認ステータス確認機能

 

「申請パック」は、ステータス確認機能があります。誰がいつ、承認したかなど、自分の申請の進捗状況を確認できます。またワークフロー一覧画面により、アプリを横断して申請状況を確認できます。

 

 

 

このように「申請パック」は独自の申請機能を搭載しています。申請管理が便利にできるようになっています。

 

導入設定サポートオプション

 

通常、kintoneはご自身でアプリを設定する必要があります。初めて利用する方にとっては、どう設定すれば良いか戸惑う方もいるかと思います。

 

「申請パック」をご購入いただく際には、導入設定サポートのオプション(有償)をご用意しています。初めてkintoneを申請業務で利用したり、設定が不安、、、という方でも安心して導入を進めることができます。

 

「申請パック」はkintoneで申請業務を改善したい方にとって便利なサービスになっています。ご興味がある方はぜひトライアルをお申し込みください。

 

Other recommended articles その他おすすめ記事 Other recommended articles