MENU

ブログ

BLOG ブログ BLOG ブログ
  • Home
  • ブログ
  • 【iPadで受付無人化】UniTalk+Teams電話+Smart at receptionで電話環境・受付環境を同時に最適化する
2023/12/28 Smart at reception

【iPadで受付無人化】UniTalk+Teams電話+Smart at receptionで電話環境・受付環境を同時に最適化する

【iPadで受付無人化】UniTalk+Teams電話+Smart at receptionで電話環境・受付環境を同時に最適化する
  • facebook
  • x
  • line
  • はてなブックマーク

PBXの老朽化にともなうリプレースや、オフィス内の電話環境の見直しをきっかけに、オンプレミス型PBXからクラウドPBXに移行する企業が増えています。

クラウドPBXサービスには様々なものがありますが、その中のひとつUniTalkは、Microsoft Teams(以下、Teams)対応のデバイスから会社の固定電話番号での外線通話を可能にします。

UniTalk・Teams電話のメリットと課題

UniTalk・Teams電話は、パソコンやタブレット、スマートフォンなどから利用できるため、テレワークの実施やオフィスのフリーアドレス化による電話環境の変化に柔軟に対応します。
低コスト、高音質で運用管理が簡単なこともあり、UniTalk・Teams電話の利用は広がっていますが、既存の受付機がUniTalk・Teams電話に対応していないという課題もありました。

Smart at receptionで課題を解決

iPadを使った無人受付システム「Smart at reception」は、外線発信やオンプレミス型PBXを使った内線発信のほか、さまざまなクラウドサービスとも連携が可能で、もちろん、UniTalk・Teams電話との連携にも対応しています。

 

下に、UniTalk・Teams電話を導入している環境でSmart at receptionで受付が行われた際の、来訪者の到着を担当者に知らせるイメージを掲載します。

 

Teams電話+UniTalk+Smart at receptionの関連図

  • Teamsアプリ間で通話ができる
  • 電話番号へも発信できる
  • 受付からの着信時に担当グループ内メンバーのTeamsアプリを一斉鳴動できる
  • ビデオ通話も可能なので、来訪者の顔の確認もできる

UniTalk・Teams電話とSmart at receptionを組み合わせた環境では、Teamsアプリを介した内線だけでなく外線電話への発信が可能で、個人宛の受付は個人携帯へ発信、部署宛の受付は担当部署メンバーのTeamsアプリに一斉発信するといった使い分けも簡単に実現します。
また、ビデオ通話機能は、受付の無人化によるセキュリティ面の不安や、顧客対応の質の低下に対する心配の解消にお役立ていただけます。

 

ビデオ通話機能については、下記動画もご覧ください。

 

▼Smart at receptionとMicrosoft Teamsビデオ通話機能連携のご紹介

 

Smart at receptionは、iPad型の受付システムで唯一UniTalk・Teams電話に対応しています。

 

UniTalk・Teams電話を導入済みもしくは検討中で、受付対応の課題をお持ちのお客様は、ぜひSmart at receptionの導入をご検討の上、UniTalk・Teams電話のメリットを享受し、Smart at receptionの機能もあわせて、オフィスのコミュニケーションの効率化、業務改善にお役立てください。

 

 

Other recommended articles その他おすすめ記事 Other recommended articles