Smart atホームページは下記ブラウザでの閲覧を推奨しています。
Internet Explorer 9以上
Google Chrome 最新バージョン
推奨以外のブラウザをご利用の場合、動作や表示が正しく行われない可能性があります。
Notes移行ツール
選ばれる理由
  1. TOP
  2. migration
  3. 選ばれる理由

スムーズな移行を実現

今までのNotes移行

NotesのデータをNotes以外のソリューションに移行する上で、最も時間がかかるのは、NotesDBの設計情報の解析です。
また、社内で長期間運用されてきたNotesでは、以前の担当者のみが把握する仕様が多く、ドキュメントも残っていません。
そのため、移行には大掛かりなプロジェクトチームが必要になり、結果として大幅なコスト増を招きます。

移行

Smart at migration(Notes移行ツール)を利用した移行

  • Smart at migration(Notes移行ツール)を利用することで、Notesで利用していたデータを、簡単にkintoneのアプリへ移行することができます。(※1)
    最も時間がかかる設計情報を自動でExcel形式の設計データを作成するため、設計情報のアセスメントに費やす工数をより短縮することができます。
    自動生成された設計データから、kintoneアプリを自動生成し、データの移行を自動で実施します。

    ※1 お客様側で開発、設定したNotes上のプログラムについては自動で移行することはできません。


驚くほど簡単に移行先の環境を構築

  • 弊社が考えるSmart at migration(Notes移行ツール)のゴールは、最終的に移行することが目的になっている多くの移行プロジェクトで起きている、「移行後のイメージ」が持てないまま移行に失敗することを防ぐことです。
    「移行後のイメージ」を最初に「見せる」ことで、データ移行後の「新たな業務改善」「Notes運用での失敗を回避」をお客様にご提案・検討していただくためのツールであり、ソリューションです。


※ Notesは、International Business Machines Corporation の米国およびその他の国における商標です。