Smart atホームページは下記ブラウザでの閲覧を推奨しています。
Internet Explorer 9以上
Google Chrome 最新バージョン
推奨以外のブラウザをご利用の場合、動作や表示が正しく行われない可能性があります。
developイメージ
ご利用の流れ
  1. TOP
  2. develop
  3. ご利用の流れ

ご利用の流れ

  • 1プロジェクト、サブシステムを作成します。
  • 2専用ブラウザを使い、操作手順の作成を行います。
  • 3データ(テスト時の入力値等)の登録を行います。
  • 4データに対して最適化を行います。
  • 5操作とデータを関連付けし、テストシナリオを作成します。
  • 6実行条件(ブラウザ等)を指定します。
  • 7テストを実施します。
  • 8テスト結果(戻り値、出力値、画面キャプチャ)を確認します。